STAFFスタッフ

  • 企画・プロデュース深川 栄洋

    2004年商業監督デビュー以来、幾多の映画やドラマの監督。
    代表作品:「60歳のラブレター」「白夜行」「神様のカルテ」等
    今作品は、新しい才能を応援する為にプロデューサーを務める。

    メッセージを見る閉じる

    ヌヌ子……?って何?

    原宿を愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。お互いのコトが好きすぎる二人(非恋愛)は、親から同じ服を与えられる双子に憧れて、双子のようにお互いのことを理解してるつもり。そんなヌヌ子たちの青春映画が原宿の街に誕生します。

    原宿……

    60年間、常にファッション文化を発信してきた原宿は、今も若者が放つ強いパワーで訪れた人々を魅了し続ける若者文化のエルサレムです。その原宿を舞台に、キュートで可笑しな(ヌヌ子の)二人が辿り着くのは、少しマジメで、少し痛—いリアルな現実。それぞれの生きる道を見つめる青春自分探しムービーです。

  • 監督進藤 丈広

    日本映画学校を卒業後、助監督として数多くの映画に参加。昨年、連続ドラマ作品を監督して商業デビューを果たし、本作品が長編映画デビューとなる。次世代の監督として期待を集める。

    メッセージを見る閉じる

    今回の映画に対して今の感想や意気込み

    僕は映画監督になるのが、学生の頃からの夢でした。
    この作品はあの頃の自分と同じ、夢と希望を持ち、原宿を戦いの場に選んだ、二人の女の子(葵、里奈)の物語です。
    二人の夢は‘ヌヌ子’として最強になることです。
    しかし、二人はつまずき、挫折し、打ちひしがれます。
    でも、彼女達は立ち上がります。
    彼女達の本気を、様々な世代に観てもらいたいです。

  • 脚本濱田 真和

    演劇を中心として脚本・演出・プロデュース・衣装・アートディレクションを手がけ、自身も出演するなど活動は多岐に及ぶ。
    今作品は初のオリジナル映画作品の脚本を書き上げる。

    メッセージを見る閉じる

    今回の映画に対して今の感想や意気込みをお願いします。

    どうしても作品が消費され過ぎてしまうこの時代に、ただ「つくっておわり」ではなく、『どうにか』『なんとか』とか、『変えたい』『変わりたい』などの想いの乗っかった作品になってきていると思います。それは深川プロデューサーのこの企画に対する想いに、僕たちの普段考えていることがリンクしたからな のかな、と思ったりします。ここからこの企画が、作品がどう育っていくのか、誰よりも楽しみというのが今の一番の感想で、現状僕達が思い描いているところなんかよりも、とんでもないところまで成長して欲しいし、成長させたいなと思います。

Pagetop